重曹はどこでも使えるので

重曹は粉末状で販売されており、単体で使用することもできますが、別のものと組み合わせることで、さらに強力な掃除用具を作ることができます。
食用の重曹は、部屋全体の掃除に安心して使うことができます。
粉末のまま使うのは至ってシンプルですが、汚れに直接振りかけて磨いたり、嫌な臭いがするところに振りかけて掃除機で吸い取ったりするテクニックもあります。
洗濯できない布地でも、振りかけて吸い取る方法はかなり有効です。
除菌効果も高いので、洗えないものにも菌の繁殖を抑制することができます。
水に溶かして使えば、浸け置き洗いも可能です。
浸け置きの間に重曹が汚れを分解するので、食器や衣類、小さな化粧品なども簡単に元のきれいな状態に戻せます。
重曹のサラサラした粉末は傷がつきにくいので、こすり洗いをするときは気を抜かないようにしましょう。
以上、重曹だけを使った掃除方法ですが、重曹に石けんを加えてさらに強力な洗剤を作ることができます。
これを取り入れることで、トイレの汚れやキッチンの油汚れなど、専用の洗剤でないと落ちないような汚れも簡単に落とすことができます。
重曹に液体石けんを混ぜたもの、重曹に粉石けんを混ぜたものなど、使い方は様々です。
重曹+漂白剤で除菌・カビ取り剤としても使えます。
重曹はどこでも使えるので、キッチン用、お風呂用など、重曹製品を複数用意する必要はありません。
重曹を取り入れた洗剤は、好きな香りをつけることも可能です。
重曹にエッセンシャルオイルを加えて害虫が避ける香りにすることもできるので、上手に使えば掃除中の虫除けにもなります。
重曹は、家の中のいろいろな場所の掃除に使えます。
ドラッグストアやホームセンターには、掃除したい場所に合わせて様々な洗剤が置いてあります。
ほとんどの掃除用洗剤は、効果はあるものの、肌への刺激が強く、肌荒れなどのトラブルが懸念されます。
しかし、重曹の場合はその心配がありません。
重曹は、キッチン周りやこすり洗いが必要な食器などの汚れを、磨き粉のように使うことができるのです。
茶渋などの落ちにくい汚れも、重曹を溶かした液に浸けておくと、簡単にきれいになります。
重曹には汚れを浮き上がらせる作用があるので、落ちにくい焦げ付きや湯垢の掃除にも使えます。
また、重曹は掃除中の消臭にも使えます。
危険なものは含まれていないので、冷蔵庫など食品を多く保存している場所の掃除にも使えます。
また、生ゴミに直接かけるだけで、嫌な臭いが発生しにくくなるので、掃除以外の用途にも使うことができます。
排水溝の清掃の場合、直接かけてしばらくしてから洗い流す方法が適しています。
汚れやぬめりを落とすだけでなく、消臭効果も期待できます。
汚れにかける際に少量の水を加えると、発泡作用で長時間汚れにアプローチするので、お風呂掃除にも効果的です。
見落としがちなカーペットにふりかけると、簡単にニオイや雑菌を除去することができます。
部屋の拭き掃除に使えば、掃除だけでなく除菌効果も期待できます。
重曹は掃除以外にも様々な用途があるので、重曹を常備しておくと、毎日様々な場面で活用できますよ。